トップ / マスコミ・行政の皆様 / 国民健康保険・社会保険について

国民健康保険・社会保険について

健康保険検討委員会について

ペインクリニック領域の保険診療・診療報酬体系にかかわる点を検討し、ペインクリニック・痛み診療の発展が、より多くの患者さま(国民)に寄与できることを目的としています。
保険診療は、医科診療報酬点数表に基づいていますが、医療技術は、日々進歩・変遷していています。当委員会では、医療技術の進歩、医療へのニーズに見合った治療内容や新規技術が公的に認められ、多くの患者さまにとって福音となるべく活動しています。
具体的には、以下のような活動を行っております。

麻酔科学会や痛み関連学会と連携を持ちつつ、外科系学会社会保険委員会連合(外保連)を通じて上記目的を達成するために厚生労働省に働きかけています。
医療技術の進歩、医療へのニーズに変化に伴い、治療方法、治療薬の適応や使用方法等を見直さなければならないこともあります。薬剤の適応や使用方法の適正化を検討して公に示しつつ厚生労働省にも申請を行っています。
適正な保険診療が実施されることを推進すると共に、各医療機関からの適切な診療報酬明細書が提出されることを啓発しております。
診療報酬明細書は毎月審査されますが、医科診療報酬点数表の解釈には、審査員や地域によって差異が生じています。その格差の更正も目指しています。
学術集会では、委員会企画などを通して適正な保険診療・診療報酬体系についての教育・啓発を行い、審査員・地域格差などの情報を共有し解決できうることを模索しています。

2022(令和4)年度診療報酬改定では、以下のような結果となりました。

新設

(1)
神経ブロック(パルス高周波法使用)
:評価された。
(2)
慢性疼痛に対する集学的治療
:評価されなかった。

(1) について、パルス高周波使用神経ブロックが高い評価を受けた結果であり歓迎すべきである。引き続き対応につとめたい。(2) については、対象となる疾患や施設要件のなどの対策が課題である。

改正

(1)
椎間板内酵素注入療法の施設基準拡大
:一部評価された。
(日本脊椎脊髄病学会・日本IVR学会と共同提案)
日本ペインクリニック学会専門医での使用は認められなかった
(2)
慢性疼痛に対する認知行動療法の適応拡大
:評価されなかった
(3)
緩和ケア病棟入院中の患者に対する神経ブロックの包括対象外化
:評価されなかった
(日本緩和医療学会と共同提案)

(1) は施設基準は拡大されたが、日本ペインクリニック学会専門医の使用は認められなかった。今後の対応を検討したい。(2)、(3) については、要望の方法やエビデンスの構築などを検討していく必要がある。


ペインクリニック学会として会員の皆様にとってプラスになるような申請内容を考慮しています。会員の皆様でご要望などありましたら、事務局にご連絡ください。
このページの先頭へ