トップ/マスコミ・行政の皆様/国民健康保険・社会保険について

国民健康保険・社会保険について

健康保険検討委員会について

 
ペインクリニック領域の診療報酬体系・健康保険診療にかかわる点を検討し、今後のペインクリニック・痛み診療の発展により多くの患者さま(国民)に寄与できるよう活動しています。
 保険診療は、医科診療報酬点数表に基づいていますが、医療技術は、進歩・変遷していきます。したがってそれに見合った技術内容や新規技術が公的に認められ、多くの患者さまにとって福音となるようにしなければなりません。
 当委員会では、以下について検討しております。
①麻酔科学会と連携を持ちつつ、外科系学会社会保険委員会連合(外保連)を通じて上記目的を達成するために厚生労働省に働きかけています。
②診療内容の発展に伴い、治療薬の適応や使用方法等を見直さなければならないこともあり、薬剤の適応や使用方法の適正化を検討して公に示しつつ厚生労働省にも申請を行っています。
③適正な診療実施を推進すると共に、各医療機関からの適切な診療報酬明細書が提出されることを啓発しております。
④診療報酬明細書は毎月審査されますが、医科診療報酬点数表の解釈には、審査員や地域によって差異が生じています。その格差の更正を目指しています。
⑤学術集会では、委員会企画などを通して適正な保険診療・診療報酬体系についての教育・啓発を行い、審査員・地域格差などの情報を共有し解決できうることを模索しています。

・2020年度診療報酬改定に向けての評価項目として以下を要望しています。

【主学会として】
①緩和ケア病棟入院中の患者に対する神経ブロックの包括対象外化
(日本緩和医療学会と共同提案)
②高周波パルス療法
【副学会として共同提出】
①認知療法・認知行動療法(日本心療内科学会と共同提案、日本心身医学会、
日本運動器疼痛学会、日本頭痛学会、日本不安症学会、日本睡眠学会など)
②椎間板内酵素注入療法(化学的髄核融解術)
(日本整形外科学会と共同提案、日本脊椎脊髄病学会など)

【特定医療材料】

①高周波熱凝固・パルス高周波用プローブ
このページの先頭へ